2012年06月30日

超人ルソー

☆音楽家ルソーふたたび
−異色作《ピグマリオン》を中心に−

2012年6月30日(金)武蔵野市民文化会館小ホール
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2012/02/post-33.html

2012-06-30 16.11.47.jpg

ホール階段のシャンデリア。子供の頃からこういうの好き。


修士課程でのテーマをリストの朗唱曲《レノーレ》に定めた私は、
第1回目のゼミ発表にルソー《ピグマリオン》を選んだ。
いわゆるmelodramaと呼ばれる作品の始まりとされる。

ルソーのこの不思議な作品について調べるうち、本演奏会の
存在を知る。が、すでに完売(さすが東京…)。
殆ど諦めていたのだが、偶然たどり着いたサイトで券の入手が
可能となり、めでたく観劇することができた次第。

前半は、ルソーの音楽作品と、ルソーの主題を用いた変奏曲。
時に「つまらない、単調」などと言われるルソーの作品、私も
演奏を聴いたのはこれが初めてだったが、とても気に入った!
《3つの音によるエール―なんと日が長いのだ、お前と離れて
過ごすと》これは詞もルソーによるが、まさにミニマムの粋。
超音楽好きの友人夫婦に、すぐさま聴かせたいと思ったし、
たぶんとてもポピュラーになるんじゃないかと感じた。
(という話を大学でしたら、しーんとなったけれど)

《4つのクラリネット二重奏曲》。
長3度の音程は、ルソーにおいては「愛の音程」。
そしてなんという愛おしさに満ちた音楽だろう。
何より、ルソーの音楽に存在するこの感覚は、
非常に21世紀的だと思う。
(それをうまく説明する言葉が、まだ見つからないのだが)

クラーマー作曲《ルソーの夢・主題と変奏曲》。
小川京子氏による、その素晴らしい演奏!
「音色」というものは、かくも慎ましく深く慈しみに満ちた
存在であったのだ。
昨今の、けばけばしく表面的な「音色」に溢れたピアノ音楽に、
自らへの猛省も含め頭を抱えていた私にとって、それはまさに
泉のような演奏だった。


後半に、お待ちかねのメロドラム《ピグマリオン》。

「あらすじ」
仕事に絶望し、以前のように湧き出てこない霊感の枯渇に苦しむピグマリオンには、ふと思い当たることがあった。かつて入魂の技を振って刻んだガラテイアの像を幕で覆って傍らに置き、別の仕事にかかってからというもの、創作力に衰えが目立って来たのだ。ピグマリオンはその幕を取り去って、女神像をあらわにする。かつて仕上げた畢生の大作。しかし、感動と裏腹に、なにかが欠けていることに気づく。鑿を取り上げてみるが、なにか自分の手を拒むものがある。魂が欠けているのだ。様々な思いに身を苛んだピグマリオンが気を取り直して彫像を見つめると、なんとガラテイアの像は命をもってくる。そして台座を降りて彼に近づき、「私」と声を発する。彼女の手に口づけしたピグマリオンは、自分の生命が彼女にかかっているのを知るのだ。
(プログラムノートより)


散文の一人芝居(最後の最後でガラテイアが一言発するけれど)。
ピグマリオンが独り、独白で語り、演技を繰り広げる合間に、
小規模なオーケストラが長短様々な曲を奏する、という形式。
現代においてはそれ程奇異なものではないが、この様式の始祖が
この作品であった、というのは感慨深いものがある。
何といっても、非常に「ロマン派的」ではないか。
この作品は発表されるや直ちにドイツ語圏に広まり、その手法は
モーツァルト、ベートーヴェンにも影響を与えた。
そしてその後のロマン派の時代、多くのサロンにおいてmelodramaは
普遍的なプログラムであった。
リスト《レノーレ》も、まさにその流れから生まれた作品だ。

この点でも、ルソーはずいぶんと先んじていた感がある。
テーマの選択にしても、ギリシア神話に基づいていながら、そこに
表されているのは、「一芸術家」であり、「苦悩する人間」の姿。
(個人的には、ピグマリオン→フランケンシュタインのラインを
 妄想して、ぐるぐるぐる…)

* * *

ともあれ、素晴らしい時間でした。

ルソーの思想について、私は全くなんにも理解していない。
が、音楽について感じたことといえば、彼は300年先まで未来に
ぶっ飛んでいた、ほとんど宇宙人的に。

ご覧のとおり何にもまとまっていないのですが、
ひとことでいうならば、

カッコいいなあ、ルソー!


(…。また後日、書きたいと思います…)




posted by K10 at 23:02| 音楽雑記帳

2012年03月14日

タウジヒの手

* * *

今朝、伴奏の仕事中、ふいに昨夜みた夢を思い出した。
タウジヒとしゃべっている私。

Carl_Tausig_-_Project_Gutenberg_eText_16431.jpg

カール・タウジヒ(1841年11月4日―1871年7月17日)
偉大なるヴィルトゥオーゾ、フランツ・リストの愛弟子。
その師より「鋼鉄の指」と讃えられた圧倒的テクニックと共に、
哲学的内省を感じさせる演奏で人気を博したが、腸チフスのため
29歳と8か月の若さで世を去った、伝説のピアニスト。


* * *

彼の手を見ている。
隆々した筋肉、しっかりとした骨、指1本1本が際立った、美しいピアニストの手。
ただ、その右手の中指と薬指は、かなり寄っていた。つまり腱が結合していると思われ、そこだけ私の手と似ている。
そのことを、タウジヒと話している、という夢。


なんのことはない。
バッハ《トッカータとフーガBWV.565 ニ短調》タウジヒ編曲版に没頭している今日この頃。どうしても弾きにくくて苦労している箇所が、自分の指の弱点に関連していること。タウジヒについて書かれたテキストに、彼の手にまつわる逸話があったこと。また、彼に師事した女性ピアニストの記述が心に残っていて、それらがそのまま夢にでた。
単純。

(そして、ここに載せた写真をあらためて見てみて、あら、
 夢にでてきた手と少し感じが違うようだけれど、確かに、
 中指と薬指がくっついて写っている。左手だけれど。)

いや、素敵な話なので、少し長いのですが抜粋します。

* * *

 タウジヒは背が低かったが、見ばえは悪くなく、眼は輝きをみせ、燃えるような眼差しだったと、フェイは、彼の写真を同封した手紙で書いている。
「ほんとに、小さいのヨ!」
と何度も強調するように書いているところをみると、よほど、それが強い印象となって訴えたのだろう。したがって、手もあまり大きくなかったようである。
 モノ知りのレンツが、ロシアへの演奏旅行に来たタウジヒに会って、彼の弾いたショパンの《英雄ポロネーズ》を聞いてびっくりし、例のオクターヴのところで、いたく感心している。
「どうして、あんなふうに弾けるんですか?オクターヴを、あんなに粒のそろった音で、しかも、あんなによく響かせて……。それに、つぶやくようなピアニッシモから、雷のようなフォルティッシモまで、よく出せるもんですネ!まったく、不思議だ!」
すると、タウジヒは、自分の手をレンツに見せながら、こう説明した。
「ネ、だから、私がいったでショ。私の手は特別なんだと……」。
そういってから、さらにつづけた。
「見てごらんなさい、私の手を。小さいでしょう。でも、手を自然な形にして鍵盤の上に置くと、左手は、ホ、嬰ニ、嬰ハ、ロの四つの音の上に、ちょうど乗っかるようにできているんですよ。造化の妙とでもいうんですかネ」。
 そのタウジヒは、ショパン以上にショパン的に、ショパンを弾いたとレンツはいっているが、前に紹介したように、ショパンについては、その私生活も含めて、深いつき合いをしていたレンツのいうことだから、ある程度まで信用してもいいのではないか。

※誠に恐縮ながら、出典本のタイトルを失念。わかり次第掲載します。


* * *

「フェイ」とは、エイミー・フェイ。
アメリカ出身の若いピアニストだった彼女は、ドイツに留学し、リスト、そしてダウジヒの弟子となる。
タウジヒはベルリンで自分のアカデミーを設立したが、卓抜したピアニストとしての腕に反し、教師としてはあまり優秀ではなかったようだ。
結局、5年ほどでこのアカデミーも閉じてしまった。
フェイはそのドイツ留学についての、生き生きとした書簡集を出したが、そこには極度に神経質で、どこか精神の安定を欠いた様子の師、タウジヒの姿が書き記されている。

「モノ知りレンツ」は、ヴィルヘルム・フォン・レンツ。
ロシア帝国の参事官で、熱烈な音楽愛好家。ディレッタントながら、リスト、ショパンのレッスンも受けた。19世紀前半の、パリの音楽事情や芸術家たちとの親交を記した著作が残されている。
『パリのヴィルトゥオーゾたち〜ショパンとリストの時代』(中野真帆子:訳、ショパン)の邦訳で楽しんだが、レンツの原書はこの二人の他、タウジヒ、ヘンゼルトの4章からなっている。
あーもう早く読みたいのですが、ああ、ドイツ語…。

* * *

いつもまでもそんな子供っぽいことを言っているからダメなんだと自らを叱咤しつつ、かように、私は彼らに会いたいのだ。

コンサートとは、逢瀬の約束。
なんとしても、約束の地まで、船をつけなければならない。
約束とは音楽そのもので、音楽は次元の壁を限りなく薄くする、
あるいは、次元の壁、そのものなのか…。
私は、この世の約束が守れない。けれど、
約束について、四六時中考える、夢のなかでも。

そういうものだと思う。







posted by K10 at 23:39| 音楽雑記帳

2012年02月28日

《 Souvenir du Rigi(リギの思い出)》

ご無沙汰しております。
三寒四温。
日射しに、春の気配を感じる頃となりました。

お元気ですか。


今日は、アルベルト・フランツ・ドップラー(1821−1883)
による、フルートとホルンとピアノのための作品
《Souvenir du Rigi(リギの思い出)》について書く徒然。

* * *

曲の後半現れるグロッケン(鐘)の、呑気なC音に、思い出したこと。

ロマン派時代のヨーロッパ、都市に住む人々は田舎の暮らしに憧れ、
貴族の奥方も、乳搾り女風のコスプレをして農婦な午後を楽しんだとか。
(かのマリー・アントワネットも、プチ・トリアノンの可愛らしい 
 農場で、野菜を作ったりして遊んでいたそうです)

自然に対する憧憬は、都会のオシャレな暮らし(サロン)のお約束で、
それは現代とあまり変わらない感覚にも思われます。


フランツ・ドップラーは、フルーティストとして当代一の名手と
謳われた演奏家であり、作曲家でもありました。
弟カールも名フルーティストで、兄弟揃っての演奏会は大変な
人気だったそうです。

Franz_und_Karl_Doppler.jpg

左が兄フランツ、右が弟カール。
19世紀の超絶技巧兄弟デュオ。かっこいい。



もちろんこの甘やかな小品も、サロンでの大変な人気曲。

「ここに集う紳士淑女のハートは、全てわたしのもの」

フルートの旋律は徹頭徹尾、この精神に貫かれているように
私には感じられます 笑)

だからこその、魅惑。
ああ、19世紀ロマン派。


ピアニスト・フランツ・リスト(1811−1886)とほとんど同時代、
と思ったら、なるほど。
ドップラー兄は、リストの《ハンガリアン・ラプソディ第2番》の
オーケストラ編曲を手掛けていました。
今は主にフルート作品で名を残しているドップラーですが、生前は
オペラやバレエ音楽など舞台音楽の作曲家として有名だったそうで、
ここにも、ロマン派音楽界のアトモスフィアを感じます。
うっとり。

ちなみに Rigi とは、スイスの山の名前。
19世紀からすでに王侯貴族、文化人が憧れ、訪れたという
(鉄道もまだ引かれていないのに)、
こちらも人気のリゾート地。

人気者が、人気のリゾートを歌う、奏でる。
現代もこういう曲、たくさんありますよね。
(…ありますよね、と言いつつ。
 ワタクシ、世代的にはジェネレーションXなので、日本における
 20世紀後半、スキー場で流れに流れたあの曲とか、または演歌の
 こんな曲、と浮かびますが。
 そういえば、今世紀はどうなんだろう。)


こういう曲は、心底なりきって演奏するのが楽しい。
指先からタイム・トリップ、なのです。




 



posted by K10 at 04:57| 音楽雑記帳
Powered by さくらのブログ (C) 2008 KIO KATO All Rights Reserved