2012年03月25日

『ピアノマニア』

pianomania.jpg

http://www.piano-mania.com/index.html

映画館でのひとときが、とても楽しかった。
お客もまばらな館内、音楽関係の方はいたのかしら。
(なんだか私ひとり、笑いのツボがずれていた気がする…)

私は決して耳のよい人間ではありませんが、
夫と抜き差しならない喧嘩になるのは、たいてい「音」絡み。
ステレオ機材が落ち着くまでは、本当によく喧嘩をしていました。
そういえば今のシステムになってから、随分楽になったなあ。
(夫はプチ・ステレオマニアです。
 むろん生演奏がデフォルトですが。
 現在我が家の機材は全てイギリスのオールドに。)


素晴らしい映画です。
でも、映画の主題とは関係のないところで、ひとつどうしても個人的にひっかかることがある。
今、世界全体が大きく向かっている気がする「音の趣味」の問題。
これはあくまで「趣味」ですから、いい、悪いに振分けることはできません。しかし昨今、クラシックにおける「良い音」が、ずいぶん「デジタル・スピーカー的」とでもいうのか、濁りや揺らぎのない音になっているような気がするのです。デジタル・ロマンを私は否定しませんが、そればかりになるのは、私にはつまらない。
(そもそも、ホールの音響自体が綺麗になりすぎている気もする。
 「音楽空間」について、もっとよく考え観察しなければ。)

ともあれ、映画そのものの楽しさに何ら影響を与えるものでもない。
かねてから思っていたことを、映画によってよりよく考えさせられたと言うべきでしょう。

音の純度の高さ。この本質とは、なんなのだろう。


* * *


親愛なる我が師のレッスンを受ける。

…なんというか、整体院にいった後みたいな感覚。
ひとりで勝手に盛り上がって練習しているうちに、どんだけマニエってたんだ、という。
(いや、この言い方は美化だな。
 要するに楽譜がいい加減になっていた、あーあ。)

4月から学生に戻るのを機に、レッスンも再開することにした。
自らが未熟であることを、完全に受け入れなければと思う。
その上で、今ある立場と責任を背負うこと。





posted by K10 at 23:52| 映画
Powered by さくらのブログ (C) 2008 KIO KATO All Rights Reserved