2011年07月03日

次なるステップへ

大変にご無沙汰しております。
梅雨明けの待たれるこの頃、皆さまお元気ですか?

私はようやく家移りが済み、ネットも昨夜繋がったところです。
様々な手続きはおろか、お部屋の片づけも、まあ言わずもがなははははは。
(夫は実に速やかに片づけを終え、さらに不用品の処分など
 始めておるのですがとほほほ。)

* * * * *

最近よく思い出すのが、中学校の時の理科の授業。

「水は、粘り気がなくサラサラしていると思うでしょう。
 人間にとっては、そうかもしれない。
 けれど、顕微鏡で見るミジンコやミドリムシたちにとって、
 水はすごく重たくて、ネバネバなんだ。
 あの繊毛を、必死に動かしているんです。」

勉強のできない子だったけれど、顕微鏡を覗くのは大好きでした。
覗きながら、真っ白いケント紙に、鉛筆で微生物の絵を書くのも
好きだったなあ。

繊毛、私も今、必死に動かしているよと、あの時描かせてくれた
ミジンコには、伝わっているかもしれない、なんてね。

※注:決してネガティブな意味ではありませんのでアシカラズ。
   有難くも多忙な日々、私のペース・時間配分がイマサン下手
   なだけでございます。
   あの日のミジンコと心がリンクするなんて、むしろ清々しい
   幸せなことです。

* * * * *

お話ししたいこと、書き留めておかねばならないことが、
たくさんあるように感じています。

不定期な更新にも関わらず、本ステップを訪れて下さる皆さま、
いつも本当にありがとうございます。
早くリズムをつかんで、少しずつでも綴っていきたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


(…これは、なんだ?)

110630_1008~01.jpg

ひとりぼっちの大きなジョンと、素敵なおばけたちの物語。
うふふ、続きはまたの機会に☆





posted by K10 at 23:23| 日記
Powered by さくらのブログ (C) 2008 KIO KATO All Rights Reserved