2012年05月06日

ゴシックの原点

『オトラント城』
ホレス・ウォルポール 千葉康樹 訳
英国十八世紀文学叢書4 研究社

book_30517.jpg

やっと読めました…!

堪能。


以下にご覧にいれる物語は、英国北部に古くから続くカトリック教徒の家の書庫で見つかったものである。この物語は一五二九年、ナポリにおいてゴシック体の活字で印刷されたのだが…



回りくどい(若干言い訳じみた)物語の導入。
人物描写の単純さ、甘さ、展開の強引さ。
幕引きの唐突さ、不自然さ。
上等な小説でないことは確かだが、そもそも上等である必要などないのだ。

そしてこの感覚こそ、ロマン派の根幹であると私は信じています。


ウォルポールの生涯をかけた夢「ストロベリー・ヒル」
(ああ、もうこの命名からしてたまらないったら)。
張りぼてでぶくぶくと増殖するゴシックの館。
建築において“ゴシック的なるもの”を表現し続けた彼の、小説はまた夢のひとひらであったのか。


ところで我がフランス語の師は、バロック時代の演劇がご専門だが、ウォルポールの愛人(であったかもしれない)盲目の女性に興味をもたれていた。
ウォルポールよりだいぶ年上のその女性について、わずかだが書かれているらしき本を発見、即注文。
(…いったい私は書籍代をどう支払っていくつもりなのだろう…)

* * *

連休の読書はロマン派三昧。
またあらためて。

* * *

p.s. 超久しぶりに DRESS ROOM 更新。なんと3年経っていました…。







posted by K10 at 23:48| 本棚

2012年05月10日

ゴシックなる響き、古の響き

大学でオルガンのレッスンを受講中。
(週1のレッスンなんて、なんて幸せ…ハート(トランプ)

これが本当に、楽しすぎる!!!


言うまでもないことですが、む、難しいです。
ストップだけでなく、指でトーンを色々に変化させられるということに、
レッスン3回目でようやく気付いた。←ニブイ。

ペダル(足鍵盤)なんて、言わずもがな…。
(油断して急に動かそうなどとしたら骨盤がゴキッと)


ロマン派におけるオルガン。
恥ずかしながらこれまで、ほぼ完全に見落としていました。
しかしこれは、非常に重要な感性であったと実感。
研究にも大きな影響を及ぼしています。


大学での練習用のオルガン。

IMGP0057.JPG

きれいな子…。
なかなか練習時間が取れないのですが、奏でられるときは
しみじみ幸せです。


* * *

そんなある日。
家具を探して歩いていた名古屋は大須にて。
ふと入った素敵なお店に、素敵な楽器が。
思わず見とれていたら、

「弾いてもよいですよ」と、にこやかな店主の声。

え、いいんですか?! (歓喜)

IMGP0046.JPG

ポルタティフ・オルガンです。
古の絵画のなかでしか、見たことがありませんでした。

優しい、でも不思議な力強さを持つ音色。

このお店には、他にもたくさんの古楽器が。
全て店主が、趣味で手作り(!)されたものだそうです。
古楽を中心としたファンの集う場でもあり、
音楽家の方々も大勢ご来店されるとか。
偶然でしたが、素敵なお店に出会うことができました。

もちろん、家具も本当に素晴らしいのです☆
(店名にもある通り、オークの美しい家具がいっぱい。
 18世紀イギリス、ゴシックのお城にあるような机など
 オーダーしてみたい…うっとりハート(トランプ)

* * * * *


この歳になって、新しい楽器に挑戦するなんてラッキーに
出会えるとは思っていなかった、というのが正直な気持ち。

日々、楽しみたいと思います♪





 
posted by K10 at 05:09| 日記

2012年05月12日

新アトリエ

実家の建替えに伴い、私の音楽室も建替えることになった。
解体されたのは、一昨年の2月。
そこから、本っ当に、長かった…。

まもなく、新アトリエが完成します。

練習、演奏のためのスペースと共に、何か書くためのスペースも
欲しいなとは思っていましたが。
施工が始まった頃は、まさか音楽学で学生に戻るとは思っていなかった。

さあ、ここから、私はまた始めます。

IMGP0071.JPG
エントランス天井部の照明。廃墟ではありません 笑)。


防音のためのスチールドアは超重たい。
ここに、友人に絵を描いてもらうことに、うふふふふふ。

IMGP0070.JPG

その画家友が、現場視察に来てくれました。
(余談ですが、お土産のシュークリームが激旨で…、今度お店聞こう)

この日に用意してくれていた案で、もうほぼ決まりだな。
さすがです。


* * *

同じ日には、設計を担当した夫の、職場の先輩、友人が見学に。
皆さん、建築家でいらっしゃいます。
彼らはプロなので当たり前なのかもしれませんが、
…見るところ、気になるところが、全っ然違う 笑)。
(しかしこの落差は、なかなかに大事なことだと感じたなあ)

その日はガード下的焼き鳥屋さんで、呑みつつ食い。
結構アツい建築談義もあったりで、同席させて頂き嬉しかったです。


* * *

外構工事もまだですし、何しろピアノが入っていない。
(床面の工事がまた終わっていないので)
全貌は、完成してから。

感謝してもしきれない全てに。
残された私の時間全部をかけて、しっかり、仕事をしていきます。
本当に、本当にありがとう。




posted by K10 at 23:00| 日記

2012年05月13日

冥界の音楽

イーヴォ・ポゴレリッチのリサイタルを聴く。
彼の音楽を、私は信じる。

* * *

2か月違いの同い年、母どうしが親友の、私の幼馴染は
日本画家になった。
彼女の、美大の卒業製作。
かなり大きな作品で、そこにはどこともしれぬ風景があり、
絵の、向かって右側、4分の1程に、胸を突かれるような
「赤」い色が広がっていた。
その、反対側、絵の横に立つ彼女の上着も、「赤」かった。

母からもらったのか。記憶が定かでないのだが、私はその彼女の写真を、遊学先のロンドンにも持って行き、フラットの壁にずっと飾っていた。

写真を見たとき、即座に理解したのだ。
「彼女には、世界が、確かに、こう見えている」
絵をライブで観たわけでもないのに、ただの写真なのに、
私は、彼女の目と魂を完全に信じることができた。
絵が、それだけの力を持っていたのだと思う。

以来、私にとり芸術を判断する基準(などというものがあるならば)、「信じられる」か、「信じられない」か。
ただそれだけだ。

* * *

賛否両論の演奏会であったこと。
(知人のひとりは、前半で席を立った)

私は信じられた。
いや、そんな生易しいものではなかったかもしれない。
ショパン《ソナタ第2番》の、冒頭の1音で、まさに一撃。
完全に食らって、ノックアウトだった。

彼の魂が、巨大なこの星と真に繋がっているとしたら、
あれ以上速くは歩めない。
(これを書くと誤解されそうだけど、あえて書く。
 岡野玲子『陰陽師』に、そんな話があった。)

冥界の音楽。
あの日の演奏は、あの様、にしか存在しえなかった。

美しい世界だったな。







posted by K10 at 23:00| 日記

2012年05月16日

ゼミ1回目

修士のゼミ発表、第1回目。

…見当違い、とは、まさにこの事をいうのだなあ 爆)。

* * *

論文のための調査、研究の進め方も、それこそ
題材によって方法は千差万別なのだろうけれど。

少なくとも、外堀から埋めるやり方は、違った(私の場合は)。
細胞が分裂してゆくように、内側の内側、からだ。


しかしいきなりのこの暴投・迷走も、悪くないオマケが付いた。
完売だったはずの《音楽家ルソー ふたたび》公演、チケット入手。
朗唱曲《ピグマリオン》を、聴けるチャンス。
歴史を楽しんでこよう。




posted by K10 at 23:00| 日記

2012年05月19日

ロックも学問

《ピーター・バラカン ライブDJ in 名古屋@空色勾玉》
 −ATLANTIC RECORDS R&B SELECTION−

素敵ラジオ『ウィークエンド・サンシャイン』のバラカンさんが、
名古屋で、ライブDJ☆
ウキウキ行ってまいりました。

テーマは「アトランティック・レコードの歩みとR&Bの歴史」
といった感じ。
設立した兄弟の生い立ちから、1947年のレーベル立ち上げ、
その後の、様々なスター、ヒットメイカーたちの物語。
音楽と共に楽しむ、素敵週末の午後。

会場の空色勾玉は、初めていくカフェでしたが素敵ー。

120519_1637~01.jpg
こんにちは、ジョン。

大学で受講中の講座「1920年代から1930年代のポピュラー音楽におけるエキゾチズム」、これと色々絡んでくる部分もあり興奮。
しかしこの講座、第1回目の主なテーマはビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」だった。
…私が現役で学生だった時に、ビートルズが大学の講義になるとは思わなかったですな。
まだ、音楽の教科書に載ったとかで騒いでた時代だった。


120519_1647~01.jpg
DJ中のバラカンさん。素敵。写真撮影も、ご自由にどうぞの穏やかさ。
お言葉に甘えて、パチリ。見ると嬉しくなる写真です。


リストは、19世紀のスーパースターだった。
ヴィヴァルディは、18世紀のキング・オブ・ポップ。
ハイ・カルチャーとそうでないものの線引きはあるにせよ、
「ポピュラー」とは何かを、もっと考える必要があると思う。

学問は、今やそこいらじゅうに。
そういう時代なのだなと思います。







posted by K10 at 23:00| 日記

2012年05月20日

5月ピアノ・レッスン

ドビュッシー《喜びの島》。
ロンドンで勉強してから、ステージにもずいぶん上げてきた。
数少ない、私のレパートリーといえる1曲。

偶然だが、師にレッスンを受けるのは初めてだった。

* * *

のっけから言い訳だけれど、5月は一層練習時間の確保が厳しかった。
「遊んでいるから」と言われれば、まあそうだけれど。
けれどすべて、やはり「必要」と思う場所なのだ。
仕事と学業の両立も、思っていた以上に大変。
(…いや、こう思うだろうと分かっていたので想定内。)
先日は、打合せに出席した場で、その日提出するはずだった企画書の
存在を思い出した。猛省。

今は諸事情あり、より練習時間を取りにくい状況ではある。
でも、新しいアトリエができれば、また空気は変わるはずだ。
変えてみせる。

音を出さなければ、私は倒れてしまうだろう。

* * *

それにしても、「軸」が決まらないなあ、私。
師のレッスンを受けるたび、それを強く意識させられる。
もっと深く、演奏の柱を立てたいのだが。

師の向こう、モーツァルトにまで繋がるライン。
ヴィルティオジテ、ファミリー・トゥリーの美しさ。
それに繋がる者の自信など木端ほどもないけれど、
すべては歴史。
今、せいいっぱい、ピアノに、音楽に向かいたいと思う。







posted by K10 at 23:00| 日記

2012年05月26日

5月おはなし音楽会

今月のテーマは『でんでんむし』。

日本には、いったい何種類のかたつむりがいるか、
ご存知ですか?

なんと、700種類以上!
(本当にびっくりした。ちょっと怖いくらいだよね 笑)。

あと、でんでんむしって、どこからうんちするか知ってます?
首の後ろの小さな穴から、ぽちっと。

今回は、私も絵本から知ることが多くて萌えました。
(中学時代は生物部部員でしたし)


ゲストは、ホルンの加藤惠三さん。
おはなし音楽会には、2度目の登場です。

皆が知ってるあの《かたつむり》の歌も、惠三さんの歌に満ちた
ホルンで演奏されると、まさに名曲。うっとりしました。

サン=サーンスの《ロマンス》は、柔らかく広場いっぱいに。

おはなしばあば考案の「でんでんむし体操」。
皆、一緒に楽しかったね(大人も楽しいのですよ、なぜだかほんとに)。

今月のスタッフおはなしお兄さんは、ベテランのK瀬さん。
子ども達が全員、きゅっと絵本の前に集まって、K瀬さんの声に
じっと耳を澄ませている。本当に素敵な光景でした。

スタッフの皆さん、
集まってくれた子ども達、そしてご家族。
今月も、素敵な時間を本当にありがとうございました。

IMGP0060.JPG


来月は、フルートですよ☆
どうぞお楽しみに!





posted by K10 at 23:00| 関ヶ原

2012年05月30日

ゼミ2回目

完全なる準備不足。
何からどう手をつけるか考えがまとまらず、
何もかもとっちらかって形にならないまま、発表当日、ううむ。

せめてもと思い、研究テーマである作品のCDを持ち込む。

リスト《レノーレ》ピアノと朗唱のためのバラード。
演奏される機会の少ない作品で、教授もゼミの仲間も聴くのは
初めてとのことだった。
皆が「素敵な作品」と喜んでくれたのが、せめてもの救い…。
(あ、ありがとうフィッシャー・ディースカウ…)

それにしても、もう少し勉強のために時間を割かないと。
あっという間に日が過ぎちまう。
反省。



posted by K10 at 23:00| 日記
Powered by さくらのブログ (C) 2008 KIO KATO All Rights Reserved