2011年08月17日

友よ

ものすごく久しぶりに、ポテトサラダを作ろうとして、
思い出した友のレシピ。

「ほんの少し、メイプルシロップを入れると、
 酸味が和らいで優しい味になる。」

これは直接きいたのではなくて、共通の友から聞いた秘伝(笑)。
友のポテトサラダが、あんまり美味しくて茫然としていたら、
一緒にいた、その友の友が教えてくれたのだった。

もう、10年以上も前の話。

で、久しぶりに、自分でポテトサラダを作ろうとして、
メイプルシロップを入れようと思ったけど、ない。
じゃあ代わりにと、蜂蜜をほんのぽっちり入れてみたら、

…全然、ちがーう。

「ちがーう。」と思った瞬間、この10年の間に、しかも割合と最近、
私はどうも、おんなじ間違いをやった気がするぞの、デジャブ。
ううむ。


今、彼方こなたを鳥のように、蜜蜂のように飛び回っている友よ。
あるいは、地下水脈を通じ思いがけない所に湧きいずる、泉の女。
電話線越しでも、その清冽な印象が伝わる。

会える日を、心待ちにしています。


* * *

もう、何年ぶりだかよくわからない、K氏との再会。
学生時代、本当によく遊んだ仲間。
卒業後も2回くらい会っていると思うし、葉書や手紙でたまに連絡を
取り合ってはいたけれど、

倫敦やら東京やら、ふらふらと居の定まらなかった私、
そんな私の4倍くらい移動していた彼、

もう、いつどこで会ったんだか、会った時じぶんがどこにいたのやら、
もう、さっぱりわからんちん。
で、もう思い出せなくてもいいっか、と笑い合う。

猛スピードで流離し続けた彼も、着地点を決めたという。

いいね。
焦点が、きれいに定まってる感じだね。

かつて絵本作家を目指した彼は、別の天職を見つけた。
けれど、むかし彼が描いた絵に満ちていた、
「いつも星を見上げている」ような感覚。
それは今の仕事になって、一層きらきらと、一層多くの人々に、
伝わっていくようだった。

また会おう。

* * *


夏だなあ。


(…なんて、のんびり日記っぽいですねえ。
 尻尾はボウボウ燃えております、あははは。)














posted by K10 at 00:39| 日記
Powered by さくらのブログ (C) 2008 KIO KATO All Rights Reserved